何でもない私の人生が変わるまで~ママが学ぶ意識の世界~

普通の主婦が学びはじめた意識の世界。すごいスピードで変化していく私の生活について発信しています。現役保育士、YouTuber、1児のママ。

裏側の意識を読む。

f:id:manami0212:20191210103521p:plain


皆さんこんにちは!MANAです。

 

毎日、より良い物を創造していくをモットーに活動しています。

 

皆さん、最近いかがお過ごしでしょうか?

MANAは師走の月となって、非常にバタバタしてます。

 

仕事、家庭、勉強…

やってる事は先月と変わらないはずなのに、なぜ12月はこんなに忙しくなるんでしょうか。笑

 

 

さてさて、本題です。

今日のテーマは「裏側の意識を読む。」です。

 

 

先週の東京【魂導】を始め、稽古会や普段の会話の中で【現象の裏側に働いている意識を読みなさい】とご指導頂きます。

 

 

稽古会では、武術の型を通してあらゆる意識の在り方、真理を学ばせていただきます。

 

 

その中で、横田先生に技を掛けていただくと当然倒れます。

特に、力の強い男性なんかは吹っ飛びます。

 

 

そして自分達でやってみる。

中々、上手くいかない。

 

 

そうすると、【倒そうとする意識や体の動きでやっているから、衝突する。全力で受け入れなさい】とご指導をいただきます。

 

 

でも、全力で受け入れようとする体の動きや意識が、自分では気づかないけども【全力でぶつかる】形になってしまってまた上手くいかない。

 

 

こんな試行錯誤をずっと私は繰り返しているのですが、身近で大きく成功されている方の行動や言動を見て、一つ気づいた事があります。

 

 

それは、【現象として現れる物と、その裏で実現化に向けて働いた意識は全く違う】んじゃないかという事です。

 

 

良く、横田先生は武術の技を掛ける時にこのように仰います。

 

 

「相手を突き放す様な意識ではなく、今にも崖から落ちそうな相手を救い上げるような意識で行ってください。」

 

 

でも、掛けられてる相手は【現象としては倒れているように見える】んですよね。

 

 

だから、倒すという現象を起こしたいなら、倒そうとしてはいけない。

 

 

嫌われたくないと思えば、相手に嫌われる。

手に入れようとすれば、手に入らない。

説得しようとすれば、話を聞いてくれない。

 

全部、これに当てはまってくるんですよね。

 

 

相手に嫌われても良い、と思えば相手も自分を認めてくれる。

無理に手を伸ばさなければ、向こうからやってくる。

相手の話を聞いてあげれば、納得してくれる。

 

 

全部、エネルギーの調和やプラスとマイナスの考え方というか…

お互い逆のベクトルが働いて上手くいく、という感じでしょうか。

 

 

倒しに来る相手えお、自分も倒そうとすれば衝突します。

+と+、陽と陽。

エネルギーはゼロになりません。

 

 

上手く言えないんですけど、先生がずっと仰っていた事が、少しづつ本当に納得出来てきたという感じでしょうか。

 

 

身近に、物静かでクール。控えめな方がいてるんですけど。

でも、その人に起きている現象というのは、エネルギッシュな方より大きな結果を出しているんですよね。

 

 

それを見て、何となく気づいて腑に落ちたんです。

 

 

現象を起こすために、自分が持っている意識は逆なんじゃないか。

そうではない、と頭では理解していても無意識では、衝突型の意識を持っているから現象が変わらないのではないか。

 

 

この前の食事会で、先生が小さな声で言った一言が印象に残っています。

 

 

「余計な事をしてしまうから、人間は上手くいかないのかもね。」

 

 

今日はここまで。

 

 

「和の身体技法」が体験できる「巡循の会は」こちら↓

https://megurinokai.wixsite.com/main

 

横田先生が主催する、魂の計画につながる「不思議の会」はこちら↓↓

【公式】不思議の会ホームページ | 魂の計画に繋がる。-不思議の会ホームページです。

 

 

「魂導」とは? 

https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=2-25SgbPXFU

https://m.youtube.com/watch?v=SECwyH5xJpY

http://fushiginokai.sakura.ne.jp/wp/630kodo/

 

 

MANAの活動一覧↓↓↓

インスタグラム

 
YouTube もっとたくさんの子どもに良い物を!をモットーに活動しています。